Violemi のFacebook
Order

作曲家

Paweł Pudło

Paweł Pudło – 音楽家、プロデユーサー、オーケストラ作曲

シンフォニー映画音楽やコマーシャルミュージックは彼のクリエイティブな発想によって作られました。彼は弦楽四重奏、ロックスタイルドラムセットでのシンフォニーオーケストラ、二台のハープの為の組曲を作曲しました。彼はほとんどのレコーディングをプロデュースしました。

最新のプロジェクトViolemi は彼の最大の作曲で、オペラとシンフォニー映画音楽のコンビ ネーションです。多くの方々の協力により三年かかって完成されました。

彼の一番好きな楽器はフレンチホルン、コントラファゴット、マリンバ、ビオラです。 彼の興味のある映画は ドラマ、スリラー、恐怖、サイエンスフィクション、ファンタジーです。

選択された作曲

Violemi – The Slave of Delusion (2007-2010)

Symphony no. 1 (Dead End Symphony, 2007)

映画音楽
Go (documentary, dir. Marek Cichy, Exnihil Studio, 2007)
Spaces (documentary, dir. Ewa Martynkien, 2007)
Leni (short, dir. Bartosz Paduch, 2006)
12 (corporate/promotional, Heavy Visions, 2006)
Rise Of The Challenger (film suite, dir. Wojciech Pudło, 2006)
Decision (corporate/promotional, Heavy Visions, 2005)

共同した会社 Volvo, Legg Mason, Heyah, X-Trade Brokers, Polish Television., Alanis Studio, K2, One2Tribe, Exnihil Studio, Heavy Visions Film Group, 24media Film Agency, Faculty of Radio and Television in Katowice, Academy of Film and Television in Warsaw, Polish Radio.